秋葉原 紙風船
三月末で秋葉原の実店舗が閉店。
通販の拠点も変わるので、完全に姿を消すことに。
十八年位営業してたそうだから、開店は1999年位?もう少し前の90年代半ば?
メイン通りから外れているからと、周辺店舗に比べると安く販売していましたが、近くにはまんだらけやツクモの店舗もあるし、ケパプもw
業界全体での需要自体減っているけど、趣味の町の核たるアキバからの撤退は時代でしょうか。
そもそもアキバに外国人観光客が増えているとはいえ、メイド喫茶も黄金期に比べれば随分減ったようだし、全体としてどうなっているんだ?。
石丸の店舗の後に入った大型店も閉店して、あの店舗後は今どうなっているんだろう?
オリンピック開催にともない大型看板の規制がはじまったらアキバの広告はどうなるんだろう。
クールかアダルトか。微妙な立ち位置にあるようにおもうけど。

カテゴリ:- | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | -
クズの本懐

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


なんだかんだで一番いい状態でまとまったのでしょうか。
先生たちは今後うまくいくのかどうか心配ですが、ハナビたちはどうなるでしょう。
本物を探してると、なんかガイルのような台詞でまとめられているのも気になりましたが、歪な感情で埋もれた彼らに本物がどんな形として現れるのか、手に入れることが出来るのか。
続きはあるのかな。
原作のほうがどうなっているのか気になりますね。

カテゴリ:アニメ | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | -
CSI 最終章
ボーナストラックのようなサービス回でした。
グリッソムを中心とする懐かしいメンバーに、もっとも特徴的なゲストキャラクターであったレディヘザーの登場。
チームではヘンリーの出番が多くて、大将大将とグリッソムを慕っていたホッジスが割りとドライに描かれ、出番も少ないのが残念でした。これで最後ですしもう少し絡ませて上げてほしかったなぁ。
ニックはすでに移動した後で、合流しないまでも捜査協力するシーンがなかったのは尺的に仕方ないでしょうか。

主任もグリッソム、ラングストン、セッセルと交代しそれぞれの特徴的な雰囲気を作品に出してきましたが、やはりグリッソム主任のラボの雰囲気は独特のものがありました。
個人的には家族もちのラッセルも良かったんですが、化学オタクという雰囲気はこの作品ならではで、それゆえオタク気質にヘザーとか骨の鑑定士の女性とかの特殊な関係が面白かった。

フィンの状態もこれで判明し、サラとグリッソムも復縁し、ラボも新しい主任を向かえ新体制へと移行。
今チームでレベルが一番上のメンバーなのはグレックなのだろうか。
チームの中から新しい主任が出てくるかなぁ。

これでホントの最終回ですね。

地上波でサイバーなどの新シリーズは放送されるのでしょうか。
カテゴリ:- | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
山賊ダイアリーss

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


やはり海編よりもエースハンターを撃って動物の肉を食べている山編のほうが面白いかな。
もう山での狩猟はしないのだろうか。

カテゴリ:マンガ | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -
CSI 15 最終回
CSI15ファイナルシーズンも最終回放送で、ニューヨーク、マイアミと三作品すべてのシリーズが放送されて終了。
長いシリーズだと途中で終わることも多いから、すべて放送してくれたというのは嬉しい。
事件としては少し小物感があったけれど、これでニックは主任として卒業。
ベガスの状況をみるとラッセルも移動するので、このままベガスで主任というのが自然だと思うのだけれど、もともと中の人はこのシーズンで卒業予定だったというし、ならば栄転という形で外に出るほうがすっきりします。
ベガスでニック主任誕生となったら絶対続きがみたいですしw。
スコアボードの前での回想シーンでウォリックがでてくるのが懐かしかったけれど、カットは短かったですね。
もう少し他のいろんなキャラクターと絡んだ回想シーンを見たかった。
気になったのはフィンの扱いですね。
昏睡状態としたのは次のシリーズへの伏線としたかったのでしょうか。
シリーズを続けるか終わらせるか微妙な状態だったのかも。

海外ドラマも以前と比べればかなり視聴率全米トップの話題作というのは聞かなくなったようなきがします。
全米トップの作品としてふたつのスピンオフの作品を生んだベガスの終了はやはり寂しいですね。

カテゴリ:- | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ゴールデンカムイ
熊を素手で倒したカラテ家はあれど、熊をヤッてしまうなんて。
シトン。恐ろしい子。
ところでこれはモデルはいるのだろうか。
カテゴリ:マンガ | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
昭和元禄落語心中

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


今期のなかでも1、2のできで面白かった。
ところで気になるのはやはり信坊は誰の子なのか。
なんとなく八雲との子のようにも思えますが、二人の状況をみると絶対それはなさそうな組み合わせなんですよね。
ふたりの感情的に。
でも八雲の血を継いでいたらいいなと、やっぱり思ってしまうわけで。
もし二人が結ばれていたとしたら、どんな状況がありえるだろう。
やっぱりオヤブンの子なのでしょうか。
それにしてもマツダさんがまだまだ元気だったのには驚いた。
てっきり一緒に舟に乗って言ってしまったのかと。

カテゴリ:アニメ | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ロボレーザービーム
予告をみたときには次はゴルフまんがなのか程度にしか思っていなかったけれど、さくさく面白く読めた。
やはり人気作になるのだろうか。
サンデーでガッシュの作者のマンガが早々と終わってしまったので、人気作をヒットさせていても新作はどーなるか分からないものだ。
カテゴリ:マンガ | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ナンバーズ
ラリーだっ♪
ドンと偶然のすれ違い。
カテゴリ:- | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -
劇場版ソードアートオンライン
未見ながら・・・。
本編でバーチャルだった世界を拡張現実であるリアルでどれだけ体を使って楽しむということを表現できれば、
随分良いほうに印象が変わるんじゃないかな。
体を使う制限はあるだろうけれど、ソレと同時に体を使うゆえに楽しめることが表現できれば。
ただし思うように体って動かないんだよねぇ。
それはスポーツで散々感じていることなんだけど、
上手くいったときの疲労感ともにある充実感は体を使ったときならではだろうなぁ。
評判はいいようで見たくなってきた。
劇場でかソフト化したらレンタルでかはともかく^^)



カテゴリ:- | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | -
<< | 2/37PAGES | >>