探偵、暁に走る
 シリーズスタートのころはまだ青年だった俺も今やすっかり中年のおじさん。お酒を飲んでの世間の愚痴が多いのは、昔はよかったと言ってしまうおじさんという印象です。映画少年がなつかしい。いろいろ俺の回りも換わっているようですが、いつのまにか片腕である若衆が寝たきりになってる。久しぶりによんだシリーズだけに、今までどんな過去があったかうろ覚えというか忘れたというのはあるけれど、これいきなり?ふーー。ドキュンなイラストレーターのために奔走するけれどいきなり、過去のチカン事件がでてきたりで、俺もおじさんになっちったなぁ。探偵としては車、ケータイは必須のアイテムだけれど相変わらずもたずのスタイルを貫いてる。それでもパソコンはネットにつないでメールを見ているようだけれどケータイに変えたほうがよくね?ひでー、のおじさんがなんか良かった。別にマゾっぽくしなくても良かったような気がするけれど。
カテゴリ:小説 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| 1/1PAGES |